2015年05月13日

「負傷脳」のヤツには何を言ってもムダ

衝突がおきてしまったことは仕方ないが、中国の選手が羽生結弦に声もかけずに先にリンクから出て行ったのを見て少しがっかりした。何かあってからでは遅い。オーサーコーチも止めるべきだった。こんなの感動できない。ただ心配になるだけ。これがオリンピックならともかく、言ってはなんだがGPSの1戦に過ぎないのに。これを褒め称えることにすごく違和感がある。演技力が凄いとしか…病院いった方がいい。マスコミにしてみれば、いいネタができた程度にしか思っていないのだろう。出ればでたで「怪我を押して〜」、棄権すれば「無念だが英断〜」とか。その後、後遺症とか出ても自己責任とかいうのだろうし・・・もしくは新たなネタができたと思うかも。それより、この件で変に感化されたその辺の指導者が精神論とか持ち出すようなことにならなければいいのだが。どのスポーツでもトップの選手の練習には他の選手は気を付けるもの。中国人選手は自分から避けるべきところを意図的に攻撃をしてきた。そしてネットネットには日本人を装った中国人による中国人擁護の書き込みが満載。滅びるべき民族であることに疑いの余地はないでしょう。
大量発汗!ホットヨガALIBI
posted by pr1 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。