2014年11月04日

連載:はじめての「被告」

ASKA被告初公判の焦点「反省と新事実」傍聴券倍率最高も『覚醒剤取締法違反などで起訴され、保釈中の歌手・ASKA(本名・宮崎重明)被告(56)の初公判が28日午後、霞が関の東京地裁で行われる』
復帰しなくてもいいので、まずは人間としてまっとうな生活を取り戻して下さい・・・トチってしまった栩内が終点チャゲは逃げ切ったか?「保護観察付執行猶予」を避けるために奥さんが被告を引き受けると奥さんは安心して寝ることも出来ない一人で勝手に外出して悪い仲間と連絡して何するかわからないという不安も出てくるイライラして喧嘩になることもある奥さんの体も精神もボロボロになってしまうこともありえるチャゲさんのことを思えば再犯なんてありえないよね。正直、絶対治りません。残りの財産でシャブ買い続ける余生だな!今は復帰だとか歌だとかを考える時期じゃないと思うASKAはもう終わり!もう2度と歌を唄う事は出来ない。ASKAが「時間は消えていくここから先は」と歌詞に書いた気持ちが、当初は疑問でしたが、今はわかる気がします。とんでもない事をやってましたが、心の中では葛藤があり、想像以上の苦しみがあったと思います。これからも苦しみから解放されるわけではありませんが、家族や仲間に対して向き合う時間は取れるはずだと思います。

スワヒリ語の『フジャムボ』は『おはよう』のことです!
posted by pr1 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408297967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。