2014年10月28日

意外と知らない、姿勢と竹山の関係。

カンニング竹山、ドラマで存在感も「興味本位で役者はやらない」『お笑いの世界から俳優へと仕事の幅を広げる芸人は少なくないが、カンニング竹山もその一人』
ニュースなどネットしない方がいい。知識不足感じる。テレビ番組で評論家一人を揃えたタレントで袋叩きにして喜んでいた一一人で性格の悪さがよくわかった。このデブと千秋は覚えている。記事のネットが妙に誉めちぎったネットが続いているのも待ってましたとばかりに打ち込んだのか?怪しいね〜宗教か?角野卓造じゃねえよ!ケイン竹山お笑い芸人はたいてい良い演技をしますよね。結構似合ってるね。ただ、もう少し痩せてほしい。とんねるずの番組観てて思ったけど、あの息切れの仕方はヤバイよ。相方が亡くなってもコンビは解消しない竹山氏。そしてそれを決してウリにはしない人柄。森三中大島の体当たり演技もそうだが、頑張っている人が正当な評価を受けることは素直に喜ばしいことです。こういう人が政界にいけば日本も変わるんだけどね。相方の分も頑張れ!キレキャラだったのに、いつのまにか好感度がガンガン上がっていくという。竹山が以外にハマリ役にビックリ^^信長を役を筆頭に皆がハマリ役と思う。下手な大河役の役者さんより、信長のシェフの役者さんのがはまってる!!

ベトナム語で『チャオ アウム』は『おはよう』のことです!
posted by pr1 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407891551

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。